スナップ撮影コツ-プロタート

HOME > LECTURE > SNAP

 
 
◯スナップ・旅行写真の撮影のコツ、こっそり教えます。

1、記録として意識する。

スナップ写真は、普段の何げない様子や旅先での出来事を気楽に撮るものです。作品撮りというより記録としての要素が強いですね。最近は肖像権などが厳しくなっているのでなかなか気楽に撮るのが難しくなっています。

2、撮るものを決めておく。

気楽に撮るのはいいのですが、撮るべきものを撮っていなかったりするので注意しましょう。旅先なら駅、街全体、食事など撮るべきものを決めておくと撮り忘れがありません。

3、素早く撮る。

じ~っとカメラを向けられていると、自分が撮られている場合じゃなくてもちょっと気になります。さっさと撮りましょう。相手に断って撮るのが一番安心ですが、自然な感じがなくなることもあります。

4、望遠より、広角、標準レンズの方がミスが少ない。

簡単に言えば、望遠の方がブレやすいんです。感度を上げたり、シャッタースピードを速くする必要が出て来ます。気楽に撮るなら広角や標準レンズの方が無難でしょう。

5、迷惑をかけない。

ファインダーを覗いていると周りの様子が分からなくなることもります。プライベートな場所に入ってみたり、交通の邪魔をしたりしないように注意をしましょう。

6、大きいカメラは邪魔になる。

大きいカメラは重いですね。画質はきれいですが、記録として撮るならそんなに拘る必要はありません。歩くことも多いでしょうから軽いカメラの方が楽なのは言うまでもありませんね。

7、小さい三脚があると便利。

旅先の記念撮影なら自分も当然入れたいもの。携帯の自撮り棒がありましたが、最近は使用禁止のところが多いみたいです。誰かに撮ってもらうのが一番いいですが、小さい三脚があると自分たちだけでもセルフタイマーで撮れますね。

8、カメラの設定はオートで。

気楽に撮影したいなら、いちいち設定を変えるのは面倒なものです。すべてオートフラッシュも自動の設定にしておきましょう。100%大丈夫ではないですが、ちょっとしたコツを掴めばミスが少なく撮れます。

9、フラッシュを利用する。

 
暗いところを補うフラッシュはとても便利です。カメラが自動でやってくれますのでスナップ撮りの場合はどんどん利用しましょう。知らない人に無許可でフラッシュを焚くの止めましょう。
 

10、データは軽くてもいい。

記録写真の場合、作品の様に大きく引き伸ばすということはあまりありません。軽いデータの方が電池も持ちますし、たくさん撮れます。

11、電池を確認する。

素人の方で一番多いミスが電池切れです。電池の充電が充分か写真を撮る前に確認しておきます。出来れば予備電池があると安心です。



※詳しいご説明は、メールまたはお電話にて致します。お気軽にご連絡ください。

携 帯:     090-6430-5664   担当  橋本 真宏

MAIL:     hasimoto@cc22.ne.jp

FAX :      082-928-1299

◎ネット写真教室

◎デジカメ入門

◎カメラ機材はこれだけ揃えましょう。(ジャンル別)

◎風景撮影のコツ、こっそり教えます。

◎花の撮影のコツ、こっそり教えます。

◎人物撮影のコツ、こっそり教えます。

◎スナップ・旅行写真の撮影のコツ、こっそり教えます

◎スポーツ写真の撮影のコツ、こっそり教えます。

◎ライブ・イベント・発表会の撮影のコツ、こっそり教えます。

◎料理写真撮影のコツ、こっそり教えます。

◎建築写真撮影のコツ、こっそり教えます。

◎ファッション写真撮影のコツ、こっそり教えます。

◎商品写真撮影のコツ、こっそり教えます。

◎ペット撮影のコツ、こっそり教えます。

◎超簡単にデジカメ用語。