スポーツ撮影コツ-プロタート

HOME > LECTURE > SPORTS

 
 
◯スポーツ写真撮影のコツ、こっそり教えます。

1、望遠レンズは必須。

スポーツ写真の撮影の場合、望遠レンズは必須です。基本選手がプレイしている場所には近づけません。最低でも200㍉レンズが必要です。これをデジタルマウントで使用すると300㍉のレンズになり、選手を大きく撮れます。

2、一脚、三脚も大切。

望遠レンズは手ブレがしやすいので、一脚や三脚の使用をおすすめします。手持ちだとカメラが不安定で構図も決め難いものです。

3、場所取りの大切さ。

スポーツ写真の場合、どこから撮るのかは写真の出来上がりに大きく影響します。早めに行って撮影場所を確保します。関係者に聞くのも手です。私は現地に専属カメラマンがいたらよく尋ねます。

4、シャッタースピードを注意する。

スポーツ写真の場合、画質よりシャッタースピードに注意します。選手の動きは速いのでシャッタースピードが遅いと動きが止まりません。目安は500分の1秒以上です。

5、置きピンという撮り方。

スポーツは動きが速いので撮影したらピントが全部外れていたということもままあります。「置きピン」というピントを合わせる方法があります。選手が来そうな位置にあらかじめピントを固定させておくのです。短距離走などの撮影のときに効果が期待できます。

6、選手の動きを予測する。

バッターがボールを打つ瞬間やサッカーボールを蹴る瞬間などは眼で追えません。だいたいこのタイミングかなという予測でシャッターを押します。選手の動きはある程度予測出来ますので、よく観察しえみてください。

7、トリミングという方法。

トリミングとは画面を必要な部分だけにカットすることです。動きの速いスポーツの場合、少し画面を広めに撮影しておいて、後で不要な部分をカットするという方法もあります。

8、暑さ寒さへの対策。

外でするスポーツは多いものです。自然の中でプレイしますので、暑かったり寒かったり、風雨が強い日もあるでしょう。そのような気象条件に対応する準備はとても大切です。特に熱中症は危険ですので、充分な対策が必要になります。

9、集合写真を撮る。

競技が始まる前、終ってから、集合写真を撮ることをおすすめします。そのとき一緒に競技をした仲間との集合写真はとてもいい思い出になります。



※詳しいご説明は、メールまたはお電話にて致します。お気軽にご連絡ください。

携 帯:     090-6430-5664   担当  橋本 真宏

MAIL:     hasimoto@cc22.ne.jp

FAX :      082-928-1299

◎ネット写真教室

◎デジカメ入門

◎カメラ機材はこれだけ揃えましょう。(ジャンル別)

◎風景撮影のコツ、こっそり教えます。

◎花の撮影のコツ、こっそり教えます。

◎人物撮影のコツ、こっそり教えます。

◎スナップ・旅行写真の撮影のコツ、こっそり教えます

◎スポーツ写真の撮影のコツ、こっそり教えます。

◎ライブ・イベント・発表会の撮影のコツ、こっそり教えます。

◎料理写真撮影のコツ、こっそり教えます。

◎建築写真撮影のコツ、こっそり教えます。

◎ファッション写真撮影のコツ、こっそり教えます。

◎商品写真撮影のコツ、こっそり教えます。

◎ペット撮影のコツ、こっそり教えます。

◎超簡単にデジカメ用語。